ブログを始めたら1番最初にやることは常時SSL化にすることだよ!

この記事は約7分で読めます。

こんにちわ!ブログ初心者の仏の顔もT.Tですヽ(´▽`)/

[TwitterhotokeT_T  CTime:仏の顔もT.T(仏の顔で検索!)]

「ブログを始めたはいいものの、何からやったらいいのかわからない!」

「とりあえず、設定は難しいから後回しにして、記事だけ書いてます!」

なんて方に、まずやってもらいたいのは、「常時SSL化」ですヽ(´▽`)/

仏くん
仏くん

わかる、わかるぞ~!いきなり専門用語!しかも英語?

ジョージ・ルーカス化?何それ?って感じだよな。

インディ・ジョーンズみたいなサイトになるの?

クリスタル仏の王国!みたいなwwマジやばみww

「常時」は日本語だろうがっ(# ゚Д゚)!

初心者難易度は20%

今回は常時SSL化を理解するだけで大丈夫だよ♪

<こんな人にオススメ>
・ブログを始めたばかりの方
・まだ常時SSL化してない方
・ってか、SSLって何?という方
・クリスタル仏って何?という方(ごめんなさい、深い意味はありません)
スポンサーリンク

常時SSL化って何?

このサイトのブログ専門用語辞典から引用すると↓

SSLとは、情報を暗号化してネット犯罪から身を守る為のもの。

クレジットカード情報などをやりとりするショッピングサイトなどではかかせないもので、通常のサイトやブログでも信用度が上がる為、多くのサイトが取り入れています。

暗号化されるとURLがhttp//からhttps//sがつく。

みんなで使う暗号が共有SSL、個人で使う暗号が独自SSL、常にサイトを暗号化する事を常時SSL化と言います。

今まではパスワードやクレジットカードなどの個人情報を入力するページだけをSSL化するのが一般的だったのですが、常時SSL化にするとサイトの全ページを常に守れますヽ(´▽`)/

さらに昔はSSL化すると、そのページを開くのが重く(遅く)なっていたのですが、技術の進歩により、重いどころか常時SSL化の方が早くなる「高速化(HTTP/2)」も実現しています。

もはやこれが主流になりつつありますので、下手すると常時SSL化してない=信頼性の低いサイトと判断されてしまう場合もあるくらいです|゚Д゚)))

Googleが常時SSL化を推奨している

2018年の「Google Chrome」のバージョンアップにより、SSL化していないサイトのURLには、

保護されていない通信http://~~~
と表示されるようになりました。
iPhoneのメインブラウザ「safari」でも、SSL化していないサイトのURLには、
安全ではありませんーーhttp://~~~
「保護されていない」「安全ではありません」なんて、軽い脅し文句ですよね(笑)
信頼度が低いサイトどころか、「ちょっと危険かもよ?」と言われているようですね。
なので、公共機関のサイトや企業のサイトも常時SSL化は進み、個人のブログなどでも常時SSL化が普通になってきたというわけです。
仏くん
仏くん

僕は仏だけど、Google神は敵に回さないようにしているよ☆彡

「真の敵は己にあり」ってね!仏教はふところが広いのだよ。

べ、別に検索順位を気にしてるわけじゃないよ!や、やだなーもう。

無料ブログでも広まりつつある

今や、ほとんどの有料レンタルサーバーが独自SSLを無料で利用できます。(一部、別料金や共有SSLしか対応していないサーバーもある)

ちなみに共有SSLだとページの一部をSSL化できますが、常時SSL化はできませんので、常時SSL化したい場合は独自SSLが必要となります

無料ブログでも常時SSL化は進んでいます。

ブログサービス名 独自SSL対応
ライブドアブログ
はてなブログ
アメーバブログ
FC2ブログ
楽天ブログ
Blogger
Seesaaブログ

※2019.5.23時点の情報です

ライブドアブログは「今後対応予定!」と言いつつ1年経過している状態です。

FC2ブログも対応決定から1年近くかかり、2018年11月にようやく対応したので、けっこう時間のかかる作業のようですね。

仏くん
仏くん

無料ブログの独自SSL対応をまとめたサイトがどこを探しても2018年までの情報しかなくて、↑このデータ集めるのに苦労したよ~。

結局、1つ1つ全てのブログを実際に見に行ったんだぞ!頑張ったでしょ?褒めてくれ!途中、YouTubeに寄り道したのは内緒だよ☆彡

常時SSL化を後回しにすると悲惨なことになる

常時SSL化が大切なことは伝わったと思いますが、「なぜ1番最初なのか?」

答えは、後回しにするとスゲ~メンドくさいから!

常時SSL化する際に、サイトのURLが「http://」が「https://」に変更されることで以下の問題が発生します↓

  • 外部リンク
  • 内部リンク
  • SNS流入
  • Googleアドセンス審査に影響

外部リンク

外部リンクとは、他のサイトにリンクを貼ってもらうことです。

あなたのサイトのURLが変わったことで、全て変更してもらう必要があります。

そうしないと、せっかくあなたのサイトを紹介してくれたりしていても、表示されなくなってしまいます。

内部リンク

私もけっこう使うのですが、「詳しくはこちらの記事を見てね↓」

ブログ専門用語辞典
WordPressを始めようとしましたが、わからない言葉がたくさん出てきたので、Google先生に聞くと、説明の中にもまたわからない言葉が出てきて…… 言葉のラビリンスからなかなか抜け出せない!そんな状態に陥っていました。 ...

みたいなやつです。自分のサイト内でリンクを貼ることですね。

リンク先はhttp://のままになっているので、これも全部修正しなくてはいけません。

SNS流入

あなたのサイトを初めて訪れる人のほとんどが、「検索」か「SNS」から来ています。

私もTwitterやCTimeで宣伝させて頂いてますが、SNSから見に来て頂いている方がとても多いです。(見に来てくれて、ありがとう(*゚▽゚*))

あなたのプロフィールに書かれているサイトのURLを修正するのは簡単ですが、過去のツイートや他の人がしてくれたリツイートなど、全てを修正するのはかなり困難です。

SNSからわざわざ来て、サイトが表示されなかったら、がっかりしませんか?

仏くん
仏くん

確かにがっかりするよなぁ。時には怒りすら覚えるかもしれない!

「んだよぉ、この動画も見れねーじゃんか!!ぷぎぃぃ~!」

あ、今は動画の話じゃなかったね!失敬、失敬、クリスタルケイ

あ!こんな所でクリスタル仏の伏線回収しにきたΣ(゚д゚lll)!?

Googleアドセンス審査に影響

仮に全てのリンクを貼り直したとしても、http://の時に書いた記事やページは消えたわけじゃなく、表示されないままネット上に存在しています。

Googleアドセンスの審査時に、そのページが見つかり、「エラーのあるページ」と認識されて、審査に落ちてしまう場合があります。

その場合は、リダイレクト(自動で転送すること)の設定をしなくてはいけなくなります。

もちろん、それもメンドくさい作業になります(つд⊂)

Googleアドセンス申請するのだってメンドくさいのに、審査を待って、落ちて、リダイレクト作業して、また申請しなきゃいけないので、大量の時間をロスすることになります。
仏くん
仏くん

あと、ストレスもスゲーたまるぞ!想像しただけでメンドくさいな。マジ助かった、僕はギリちょんセーフだったわ。

ギリギリでいつも生きていたいからな、Ah~。

まとめ

  1. 常時SSL化って何?
    1. Googleが常時SSL化を推奨している
    2. 無料ブログでも広まりつつある
  2. 常時SSL化を後回しにすると悲惨なことになる
    1. 外部リンク
    2. 内部リンク
    3. SNS流入
    4. Googleアドセンス審査に影響

 

想像して下さい……

もしも、あなたが100記事ぐらい投稿した後に、常時SSL化にしようとしたらどんなことになると思いますか?

外部リンク、内部リンク、SNS、リダイレクト…

修正作業はきっと20時間以上はかかるでしょう。

地道で無駄な労働を無償で20時間以上……やりたいですか?

 

わかりましたね??常時SSL化は大切!そしてなるべく早くやること!

まだやってない人は、今すぐやりなさい!!Just do it!!

仏くん
仏くん

ごめん、全然聞いてなかった!

で、ジョージ・ハリスン化がなんだって?

ビートルズみたいになるの??

Help! I need somebody Help!(>ω<)

<参考>

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 [DVD]
ぐるぐる王国FS 楽天市場店
¥ 959(2020/01/15 17:07時点)

f:id:type-r:20130908200341j:image

コメント

タイトルとURLをコピーしました