JavaとJavascriptの違い【4分でわかる】

この記事は約4分で読めます。

私も調べた事あります( ´∀`)

Java Javascript 違い
検索
今回はその違いが一目でわかるように一覧表を作りました。
詳しい説明は後にして、まず表をご覧下さい♪
仏くん
仏くん

先に結論や答えを言うパターンの記事ね。

時間が無い人は助かるよね!

と、思わせたいのであろうがそうはいかないぞ・・・フッフッフ。

ここで無駄に文字数を増やしてやろうかっ!!

南妙法蓮華経・・・

や、やめてくれ!本当に無駄( ̄∀ ̄)

スポンサーリンク

JavaとJavascriptの違い

【JavaとJavascriptの歴史や特徴】

Java JavaScript
開発企業 サン・マイクロシステムズ(現オラクル) ネットスケープコミュニケーションズ
リリース 1995年5月 1995年12月
使用目的 Webサービス開発、サーバー、

Android開発など、サーバーサイド

Webサイトに動きをつけるなど、

クライアントサイド
Node.js を使えばサーバーサイドでも使えるようになった)

動作する環境 どの環境でも可 ブラウザ上で動作する
(Node.jsを使えば、他でも動作する)
開発環境  JDK (Java Development Kit)が必要  テキストエディタ があればOK
言語の種類 コンパイル言語 スクリプト言語

この表を見て完全に理解できた人はこの先読まなくてもOK!

ここから先は細かく解説していきます٩( ‘ω’ )و

JavaとJavascript、なぜ名前が似てる??

1995年サン・マイクロシステムズが発表したJavaの人気が上々だった為、

業務提携していたネットスケープコミュニケーションズがその人気にあやかろうと、

LiveScript➡︎JavaScriptに改名したのが始まり。

名前は似ていますが、作られた「目的」も「できる事」も違いますので別の言語だと理解しましょう。

Javaは何ができるの?

あらゆるジャンルで活用されていまして、

・Webサイト制作(H.Pやショッピングサイトなど)
・モバイルアプリ開発( Androidアプリ)
・ソフトウェア開発(PCソフトや企業向け業務アプリなど)
・組み込み系(家電などの製品専用のシステム)

など多くの場面で活躍しています。

他にも「大規模な開発が得意だったり「安定的」など高性能な為、銀行などの金融業界のシステムでも多く使われています。

私の印象としては、

【打つ文字が多いけど、プログラミングの基本が学べる言語】

というイメージです。

JavaScriptは何ができるの?

主にWebページに「動き」をつける為に利用されていて「きっかけ」を受けて「変化」します。

例えば、

きっかけ

  • ページを表示したら
  • ホバー したら
  • クリックしたら
  • 入力したら

変化(動き)

  • 色が変わる
  • スライドする
  • 回転する
  • ポップアップ する
  • 画像を拡大表示する
  • メニューの表示、非表示

 

などブラウザ上での「動き」を得意としていまして、現在はほとんどのブラウザに対応しています。

さらに最近では、Node.jsの登場によりサーバーサイドまで利用できる言語に進化してきています。

私の印象としては、

【 HTML ファイル上で「定数・変数・for文if文などの文法」が使える言語】

というイメージです。

JavaとJavascriptの違い

まとめると、

名前は似てるけど、使い方も目的も利用環境も違う全く別の言語

という事ですね( ´∀`)

仏くん
仏くん

や、やばい!もうまとめてやがる!

なんとかしないと記事が終わってしまうぞ!

南無阿弥陀仏・・・・・

あれ??お経最初と違くない?宗派が違うんじゃない(°▽°)?

仏くん
仏くん

あ、しまった!

まあ、読者は気づいてないから大丈夫だろ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました